メインコンテンツ

その他のコンテンツ

印鑑の歴史

日本の文化の一つとして、印鑑があります。歴史をたどっていくと、今から5000年以上前のメソポタミア文明までさかのぼらなければいけません。円筒型の外周部にいろいろな絵や文字を刻み入れ、粘土板のようなものの上を転がすことで印影を残しました。これが印鑑の最初の姿であるといわれています。材質もいろいろなものがあったようで、石材や骨もありましたが、最高級とされていたのは宝石だったようです。

この印鑑はやがて世界に広がっていきます。今では使われることは珍しくなりましたが、ヨーロッパにも伝わりました。封緘として使われることが残っていますが、これもかなり希少な部類になっています。 中国では、約3500年前に漢字の原型とともに生まれたといわれています。はっきりとわかっている段階としては、秦の始皇帝が中国統一後に取り入れていったことがわかっています。この時代で約2300年前ですので、かなりの年月が経っているといえるでしょう。

日本では、漢倭奴国王の金印が有名です。1784年に九州の志賀島で発見されたものですが、西暦57年ごろ後漢の光武帝が授けたという記録が残っています。この印がまさにそれであるといわれており、日本に現存するもっとも古い印鑑であるといわれているのです。 日本に印鑑の文化が根付いていき、今のような形になるまでには、ここからかなりの歳月が必要となってきます。現在の形になるのは、明治に入ってからなのであり、意外と新しいものであるともいえるのです。/p>